<   2005年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

名もなき慰安婦


満州の夕映え 抑留女性の悲劇体験記 小西ミドリ著

第三章 奪われた赤い振袖

銃で毎夜ソ連兵が脅す


 「来た、来た、来たっ」と小声で呼びかけ合いながら、暗闇の中で手早く身繕いをし、二つ三つのかたまりになって、女たちは壁際に身を寄せた。 子供を背負い、ひざに抱き、一人の犠牲者も出すまいと互いにしっかり腕を組み合っている。 土塀の外あたりから聞こえてくる犬の吠える声に、今夜もまたソ連兵の入って来るのが手にとるようにわかるのであった。

激しく吠えたてる声がだんだん近づき、その合間に何発かの銃声が聞こえた。キャン、キャンと鳴きながら遠のくが、すぐまた激しく吠えたてて近づいて来る。県の種畜場の人が、二頭のシェパード犬を連れて、この収容所に居たのである。それが夜になると放されていた。私たちはこの二頭の犬に、どんなに心強い思いをし、助けられたことだろう。銃声がなり、悲鳴を上げて遠のいて行くこの犬たちの動きに、ただ、全神経を集中するばかりであった。

教会の入り口は二枚の大きな扉で開閉されていた。閉ざされたこの扉の内側には十数名の男たちが立っている。間もなく、犬を追い払いながら近づいて来る彼らの荒い足音が聞こえてきた。そしてコツコツコツ、コツコツコツと扉をノックし始めたのである。威嚇の銃声がシェパードの吠え立てる中で、またも響きわたった。

 だが、扉は開けない。そのうち、いら立つような声と共に、入り口近くの横の窓ガラスが大きな音をたてて破られた。その破れ窓からローソクの灯を持った太い腕が、にゅーと伸びてきて、暗闇を照らし、続いてテカテカと光った高い鼻の赤ら顔の首が入ってくるのであった。女たちのかたまりを見まわしながら、扉を開けろと入り口に立つ男たちに銃を向けている。威嚇の銃声がまたなった。
 間もなく扉の一枚がギーッと音を立てて開かれた。今夜は三人であった。女を三人出せと言う。子供たちも泣き声一つ出さない。親も子も息をのみ、おびえ、震えていた。

ついに女性に犠牲者が、、、

 ある夜、私は十数人の男たちに混ざって主人の陰に立っていたことがあった。他にも兵隊服の若い女が二、三人混ざっていたが、彼らは目ざとく私たちを見つけて、にやっと笑いながら近づいてきた。凍りつくような思いをしたが、坊主頭は嫌だとみえて、それ以上の手出しはしなかった。

 ある日、朝鮮人の通訳が一人ついて来たことがあった。「持っているものは何でも出すから、女性を出すことは許してほしい」と彼に仲介を頼んでみた。その時、「私たちのおばさんや母親たちが、日本兵のためにどんな思いをさせられたか、あなたたちは知らないのか。今、女の二、三人ぐらい何かっ」と激しい言葉が返ってきたのである。私たちは何も言うことができなかった。一人一人はみんな善人なのに。人の心まで焼きつくさずにはおかない戦争というものに、これ以上のどんな意義があるというのだろう。やりきれなく、とても悲しかった。

 その夜も、いくばくかの金を渡して帰ってもらった。手持ちの金は次第に少なくなり、私にはもう差し出す時計も指輪もなかった。

 ある夜、とうとう犠牲者を出してしまった。ローソクを持って一人一人の顔をのぞきこんでいるうちに、その中の一人を引きずり出したのである。騒然となった。子供たちも火のついたように泣き出した。彼らの形相の凄まじいものとなり、扉につかまって助けを求める女性と激しいもみあいとなった。そのうち、その人の夫なのか、男の人が一人駆け出していったが、激しい銃声の中で、もつれるようにそのまま二人とも、闇の中に消えてしまった。悪夢のような一夜であった。

 元慰安婦が防波堤に

 その夜、初めて私たち夫婦は最悪の時を真剣に語り合った。「お前の始末は必ず俺の手でしてやるよ」。日ごろより言葉の少ない夫のこの一言に万感の想いがこめられているようで、私は思わず涙をこぼした。

 続けて犠牲者を出してしまった翌日、難民の中にいた二、三人の街の女性が自分から「ここを出ます」と申し出てくれたのであった。驚く私たちに「どうせ自分たちは身を売る女、少しでもみんなの役に立てるのなら」とカラッと言ってのけるのだった。こうして十数名が集まってくれて街に一つの慰安所ができたのである。出発していくその方たちに私たちは何のお礼もできず、少しばかりのお金を集めて餞別にと上げるだけであった。

 何か目ぼしい物はないかと昼間やって来た若い兵士が、誰の持ち物であったか、赤い振袖の着物を見つけ出し、それを高く舞い上げて、嬉々として持って帰ったことがあった。その赤い振袖が慰安所の女性にプレゼントされていたのである。大切な和服は収容所の人たちに使ってもらいたいと、ほかの二、三枚の着物と一緒に、その人たちから再びここへ返されてきたのであった。うれしかった。純粋であけっぴろげなこの人たちの心情に胸がジーンとなった。このあと二度と、この人たちと会う機会はなかった。健康を害して、ほとんどの人が倒れてしまったと、あとで聞いて、つらかった。



小林です。 これはわたしの親戚の体験記です。  名もなき慰安婦の皆様。 わたしの親戚は皆様のおかげで、無事に内地へ帰ることができました。 心からお礼申し上げます。 どうか安らかにお眠りください。


○女をあさり、ところ構わずレイプしまくるソ連兵。

○当時、合法である慰安所で、きちんと並んで順番をまつ日本兵
e0051164_457852.jpg


○生涯をかけて、謝罪と賠償を要求する、自称性奴の皆様
e0051164_5281670.jpg


○そして、、日本人の名もなき、慰安婦の皆様  
 皆さん方は決して性奴なんかではなかった。 もし、皆さんが今、生きておられたら、一連の従軍慰安婦問題をどのように思われるのでしょうか。   私たちのことを知ってほしい。 でも、そっとしておいてほしい、、、。  そう思うのではないでしょうか。  合掌


参考、、、このブログのテキストより


自称性奴の皆様。 皆様の境遇には同情しますが、果たして皆さんを連行したのは、一体誰?、、と思う方はクリックお願いします。→人気blogランキングへ
[PR]
by cube_text | 2005-10-04 05:10

5つ星? IIHSなら尊敬するけど→中央日報

今回は先日のエントリ「ソナタ、日本デビュー」の簡単なおまとめエントリです。

「新しいソナタで、いままた、会いに行きます。」と再び日本にやってきたペさまですが、なんと彼は熱狂的なペファンのおばちゃま達から身を守るために、エアバックを6つも装備していたことが判明いたしました。^_^;

ネタご提供は毎度おなじみの中央日報さま。

現代車のNFソナタ・トゥーソン、米衝突実験で最高等級

現代(ヒョンデ)自動車の「NFソナタ」と「トゥーソン」が、米国で実施された安全テストで最高点を受けた。

現代車の米国販売法人「現代モーターアメリカ(HMA)」は29日(現地時間)、「06年型NFソナタと05年型トゥーソンが米高速道路交通安全局(NHTSA)の衝突実験で最高等級の‘五つ星’を受けた」と明らかにした。

NHTSAは、運転席と助手席の安全度を点検する正面衝突実験とともに、前後座席の安全度を測る側面衝突実験を実施した。

米アラバマ工場で生産された06年型NFソナタは、正面衝突試験に参加した中型セダンでは唯一‘電子走行安全装置(ESCシステム)’と6エアバックを装備している。


 さて、フィオリーナは今日のブログの更新はお休みしよーかな、、と思ってたのですが、毎度お馴染みの中央日報さまの誇らしげな記事が飛び込んできたものですから、ここで簡単にまとめておきたいと思います。

で、結論から申しますと、今、CMで流れているソナタは上記の06年モデルでして、NHTSAの衝突実験で最高等級の5つ星ですよ、、、と言うわけです。 (前回引用した悲惨な画像は05年モデルでした)  ソナタ買ったおばさまたち、、、良かったですね!。!(^^)!   やっとヒュンダイも人様に対してまともな商売ができるまで成長してきました。  、、、、が、しかし、まだまだ安心できませんよ。

、、というのも、NHTSAよりも厳しく実践的なIIHSの方の試験がまだ行われていないからです。  前回紹介した悲惨な画像は、このIIHSの試験ですから、果たしてこれがどういう結果が出るのかが注目されております。 (NHTSAは政府系の試験に対して、IIHSは保険会社の集まりなので、当然、実践的で厳しいわけです。) IIHSの試験の結果がどうでるのか、、そして、その時、中央日報がどう報じるのか、、、これは今から楽しみです。

、、、と、偉そうに書いてきましたが、これは全部、 奇妙な青さまの受け売りです。(^_^;)  奇妙な青さま、情報をありがとうございました。  車に関してたいへんお詳しいので、興味がある方は一度サイトを覗いてみてください。



中央日報よ。 誇るのはIIHSの結果が出てからにしろ、、と言いたい方はクリックお願いします→人気blogランキングへ



では最後に以下、「ソナタ、日本デビュー」での奇妙な青さまのコメントを貼っておきますので、参考になさってください。 

Commented by 奇妙な青 at 2005-09-29 12:53 x
どうもはじめまして、勝手にトラバさせていただきました。
今売られているソナタは2006年モデルです。写真のは先代モデルということになります(1999-2005)。
現行型のテストが未だ行われていないようです。
一応先代モデルでもNHTSAでのテスト結果はアコード並なんですが、NHTSAのテスト方法はフルラップ衝突なので、他の機関(IIHSやドイツ)でのオフセットやサイドインパクトでのテストにおいてはボロクソな結果が出ています。
最新型のテスト早く行われないかな~と思っております、ハイ。


Commented by 奇妙な青 at 2005-09-29 21:05 x
NHTSAの方ではテストやっていました(^^ゞ
2005モデル(旧型)
http://www.nhtsa.dot.gov/ncap/cars/3341.html
2006モデル(現行)
http://www.nhtsa.dot.gov/ncap/cars/3754.html
星4つが5つに増えております。
でもここよりも厳しく実践的なIIHSの方がどうなるのか興味が尽きません!


Commented by 奇妙な青 at 2005-09-29 23:14 x
NHTSAは政府機関なんですが、IIHSはぶっちゃけ保険会社の集まりでして、事故原因や死亡原因などの調査も行っていて、テストも具体的にどの部分が弱いか?事故時に体の何処にダメージを受けるか?などをやっております。
http://www.iihs.org/ratings/default.aspx
ここから色々な車のテスト結果が見れます。

あとドイツにはADACという日本のJAFのような組織がありまして、そこでも同等以上のテストをしております。
http://www.adac.de/Tests/Crash_Tests/Automodelle/default.asp?ComponentID=87715&SourcePageID=8645%232
何処かの国の車が軒並み星1つという結果が出ていますが、ついに星0というクルマが現れました。
http://response.jp/issue/2005/0927/article74667_1.html
大陸製ですけどw
[PR]
by cube_text | 2005-10-02 07:11

太蔵語録&BMWの真相(笑)


えー、そろそろ「特定アジア」って言葉をマスコミも使ってほしいな、、と思ってる小林であります。 9月 27日のぷうさんのエントリ、 「気にせずいこーよ タイゾーくん」 に、あたしが以下のコメントをしました。

「会見の最後の方は記者たちからの苦笑があったりとなんか気の毒でした。 本を読んで1日勉強した。 それが1冊だった、、というのがそんなに可笑しいのか?。  何の本って聞かれて、プライベートだから答えをさしひかえさせていただきます、、っていうのがそんなに可笑しいのか。」

わたしは、彼が真面目に勉強しているのに、笑われるとは気の毒だ、、と思ったわけですが、その時読んでいた本が後に、super_x さまのご指摘により、対マスコミ用マニュアルだったことを知ったわけです。  なるほど。 会場のマスコミはそのことに気がついていたので、笑ったということなのですね。^_^;

さて、その「対マスコミ用マニュアル」を読んだタイゾーくんの発言がどのように変わったのか、、、また、BMW発言の真実とは?。 先日、「きょう発プラス」というお昼の番組でとりあげられて、結構笑えたので、ここにご紹介したいと思います。

e0051164_0495634.jpg

言葉の変化に注目!。 杉村太蔵語録

1.小泉純一郎fが公認した杉村太蔵ですからぁ、この小泉純一郎ってところがポイント」→小泉純一郎呼ばわり (スタジオ笑い)「小泉総理」に変わったんですね。

2.うちの幹事長さんとかね、時々すごいピンク着てない?」→武部さんさんに対してして、こいう言い方をしてましたよね。 それが、、、、「先輩議員」 (スタジオ笑い)

3.ゆかりタンとボクは同じ外資系でも天と地ですよ」→ゆかりタンですよ、ゆかりタン(スタジオ笑い)それがどのように変わったかというと、、、「同期の議員」(スタジオ笑い)

4.「棚からぼたもちということわざはのためにあるんじゃないかと思いましたよ」→「僕」は「わたくし、、、」、、、「私」

5.「そりゃ、そうでしょ、いちヒラリーマンですよ。 パシリですよ、パシリ」→このヒラリーマン、、、流行語大賞になるんでしょうか、、(すかさず)「ならない!」(スタジオ笑い)、、、この「ヒラーリーマンが、、「26歳でたいした社会経験もありません」(スタジオ爆笑)

6.夢だったんですよBMWが!!」→一部報道でBMW購入と、、、購入していません


で、この「一部報道」というのが、実はこの番組なんですよね。(スタジオ、、ほう!! 笑い) 、、、、、で、大変お問い合わせも多くてですね、 今日はこのBMWの取材の全てをご覧いただきます。
e0051164_146384.jpg

9月14日 取材全記録

取材に伺った時にですね、「はい、杉村でございます」。
取材中に電話が鳴るんですね。  で、電話に出ていただくんですが、電話を切った後に、杉村さんはこうおっしゃいました。

「大丈夫です。  車のディーラーですから、、、、、、夢だったんですよ。 BM が!!」(笑)

で、この時に「あ、車を注文するんだな」と取材陣はわかったわけですね。

衆議員になったら買えるかなー(笑)
早速昨日電話した! ホント申し訳ないっ(笑)


えー、当選して2日目に電話して、もうすでに部屋にはパンフレットもありましたので、どうやらディーラーにも行ってるということがわかりまして、そして車種も特定できました。(スタジオ軽い驚き&笑い)




e0051164_2314521.jpg

(スタジオ、「やっぱそうーなんだぁ!、おしゃれだー!、、」の声)

えーと、Z4のオープンカーをご希望で、これ、420万から590万くらいするそうなんです。

でも、結局はこうなんですね。 取材でも言われてましたが、、。

運転するなって言うんですよ。 党の人間が絶対運転しないでくださいと、、、、。   はい、わかりましたと、、、
あちゃー、 BMがー(爆笑) BM乗れねー!。
と、おっしゃっていました。(スタジオ爆笑)

で、ここまではいいんです。 政治家は内容ですから、、。 今度はどんな質問がされたのか、内容を見ていきたいと思います。
e0051164_2523646.jpg


杉村太蔵議員への質疑応答

政治と金の問題(テレビ東京)→「私が一ヶ月、半年、1年、自分なりに政治活動をさせて頂く中でお答えできるようになる」

派閥問題(テレビ東京)→ 「新人研修会で勉強させて頂くつもりです」

靖国参拝については(TBS)→ 小泉総理の参拝が理解できると言っている反面、「中国、韓国の方がなぜそれほどに反発されるのか? 今後の研究課題にしたいと思います」

憲法改正(第九条)について(TBS)→ 「もう少し勉強してからお答えしたいと思います。 不戦の誓い、この精神は世界に広めたい」

これから先目指すものは(テレビ朝日)→ 「一人前の国会議員になることでございます」

今、ありのままのご自分ですか?(日本テレビ)→ 「私は幅の広い人間でございます」(スタジオ軽い驚きと笑い)

お茶の間でも杉村さんかわいそうって見られていそうだが、、(フジテレビ)→ 「全然かわいそうではありません」(スタジオ 乾いた笑い)

郵政民営化について、ご自分の言葉でどう思われますか、、という質問がほしかったですね。

***********

えー、再び小林であります。 対マスコミ用マニュアルで勉強したタイゾーくんは上から5つの答えを見ると、見事型にはまった、無難な人になってしまった?って感じですが、 想定できない質問(下の二つ)については、やはりタイゾーくんらしさがまだまだ残っているって感じがして、少しほっとした小林であります。

まぁ、これから勉強頑張って、一人前の国会議員になるそうですから、それまで暖かく見守ってあげましょう。


まぁ、何のかんの言ったって、 選挙は2回目こそ真価が問われるのだよ。と思う方はクリックお願いします。→人気blogランキングへ
[PR]
by cube_text | 2005-10-01 00:11 | 政治