カテゴリ:その他、ネタ( 20 )

ソナタ、日本デビュー

ペファンの皆様、こんにちは。 最近、CMに萌えてまつか?
e0051164_23261383.jpg


「新しいソナタで、いままた、会いに行きます。」

、、、せっかく来てもらっても、日本車とそっくりで、ソナタだとわからないでつ、、。(-_-;)



「外車そっくりの国産モデル」求められる韓国式デザイン(ソース朝鮮日報)

最近発売された国産車の「デザイン」をめぐり論争が絶えない。

最大の争点は、今年8月に発売された新型「ソナタ」(現代(ヒョンデ)自動車)の後ろ姿が、輸入販売されているホンダ「アコード」と”ウリふたつ”だということ。

このような指摘に対し現代自動車はかなりの部分で認めながらも、法的に問題となるほどではないとの立場だ。現代自動車の関係者は「遠くから見れば同じように見えるかもしれないが、近くからみるとソナタのテールランプの厚みや傾き加減がアコードと違う」とした。

e0051164_23264914.gif
       
そんな細かいこと言ったって、↓この人たちにはたぶん違いがわからないでつが、、、?。(^_^;)
e0051164_23271947.jpg


トランクリッドからボディ両サイドへの穏やかな曲線と、クローム仕上げの躍動的なデュアル・エグゾーストパイプが特徴のリアデザイン。  ←意味わからんし、、、、 (-_-;)???


↓違いがわかる?、、、。  うーーん、やっぱ、おばさんにはわからんでつ、、、、。(-_-;)
   ↓ホンダアコード               ↓ヒュンダイ ソナタ
e0051164_23274833.jpg


でも大丈夫。 事故の時、こうなったら、たぶんソナタでつよ!、、、。(^^ゞ  ↓   ↓ホンダアコード               ↓ヒュンダイ ソナタ
e0051164_2328437.jpg
アコードソナタの衝突実験)ガクガクブルブル((((;゚Д゚))))
 ソナタ、怖すぎ、、。

これで日本車と見分けがつきまつね!。 めでたし、めでたし。 



愛しのぺさま。 やっとお会いできまつた、、、、。 うん、これは確かにソナタ。
e0051164_23565726.jpg



全てにおいて高品質「ヒュンダイ・ソナタ」(ソース サンスポ.COM)

>>急ブレーキに近いブレーキングをしても、
いわゆる前のめりをほとんど感じさせない。
   ↓
前のめり感じる前にあの世に直行!。  さすが高品質!(^^)!


サービス抜群!。 壊れてても、たくさん修理してくれまつ。 お得でつね!。!(^^)!
2005/07/15 現代・起亜自動車2万3206台リコール
2005/08/31 現代車、米で2006年型ソナタ3万6000台リコール


ところであなたのソナタは本物でつか??。  早速、ためしてみましょう。  思いっきり壁に激突すれば一目瞭然!。!(^^)!

で、結果はソナタ?。 、、、で、車はおじゃん?。  ご愁傷様でつ。(-_-;)




あの衝突実験を、ぺさまにも見せてあげたい!、、と思った方は、クリックお願いします。
            ↓
      人気blogランキングへ

アイディア、ソースご提供 なつかもとや@管理人さま。  ソースご提供 想定無いさま。 いわとびぺんぎん さま。 評価 想定無いさま。 以上の皆様、ありがとうございました。
[PR]
by cube_text | 2005-09-28 23:20 | その他、ネタ

TVチューナー付パソコンで遊んでみました。


皆さん、こんにちは。 小林です。 今日は日曜日なので、軽めのエントリです。
実は先週、使ってたパソコンが死にました。(-_-;)  、、ので買い替えました。
、、で、せっかくですからTVチューナーをつけたんです。 これがなかなか面白い!。 、これからはエントリの記事アップにも力を発揮してくれそうですので、どうぞお楽しみに。

それでは、早速、遊んでみましたので、ここ2、3日で撮った画像をお見せします。
e0051164_11143388.jpg

さて、最初は「第6回アジアAAA野球選手権大会」です。 これは夏の甲子園が終わったあと、全国の優秀選手を集めてチームを作り、アジアで試合をするというものです。 今回は決勝で韓国に延長の末、さよならホームランで優勝しました!。 韓国も素晴らしいチームで手に汗握る好試合でした。


↓さて、次は、、、純ちゃん饅頭、新バージョン発売!。
e0051164_11272149.jpg

なんでも、ここの会社、今回は自民党の圧勝だと読んで、選挙中から新企画をスタートさせ、結果がでてすぐに発売。 今、売れに売れて、がはは状態だそうです。 !(^^)! パッケージにはちゃんと三人の刺客の絵もあります。

↓それではここでCM。 あのヒュンダイがソナタで日本に進出。
e0051164_11335688.jpg

「新しいソナタで、いままた、会いに行きます」、、、、。
うーん、日本車に似てるんで、会いに来られてもたぶん気がつかない。 ショウルーム?。見たことない。  

e0051164_1140479.jpg

つい手元が狂ってアップしちゃいました。m(__)m  このポーズは何ですか?。

↓ご存知、お騒がせの人です。
e0051164_11431224.jpg

太蔵らしく!、、、(ほう!)

一生懸命がんばって来いと!、、、(うん!)

それでいいんじゃないかと!、、、(そうだ、ガンバレ! (^^))


さすが、お父さん、お母さんだと思いましたねぇ、、、、(ずるっ、、、!!(-_-;) )


パパ、ママと言わないだけ、まだましか?^_^;


↓今回、一番ワロタ写真。(^_^;)
今まで議場の真ん中にいた人たちが、端っこに移動になりました。
e0051164_11531756.jpg



最後に鴻池3変化。 後から態度を変えて、なんやこのおっさんと思ってたけど、負けを潔く認めたので許す。 話を聞けば、ただ単に、あっちにふらふら、こっちにふらふらというわけではないようです。 とりあえず民意には従うが、見直しの10年間でできることはやりたいと豊富を語っておられた。  最後の笑顔は今回のことで突っ込まれて、ちょっとおどけてみせたところ。意外におちゃめな鴻池氏。
e0051164_11541650.jpg


政治の世界にも、いろんな人がいて面白い!、と思う人はクリックお願いします。
            ↓
      人気blogランキングへ
[PR]
by cube_text | 2005-09-25 11:07 | その他、ネタ

極端な性教育


最近の話ですが、わたしはいつものようにネットを徘徊しておりましたところ、とんでもないものを見つけ、思わず、椅子から転げ落ちそうになりました。  皆さんの中には、読んだ方もおられると思うのですが、↓これです。

おやおや何だか 長くてやわらかいぞ
ペニスって言うんだよ 男にあるんだよ


(途中省略)

シンバル 女子

先生 これなに小さくて隠れてる
なんと言うところ クリトリスと言うんだよ

女教師 ナレーション

そうです。クリトリスというのです。
みんなが赤ちゃんでおかあさんのおなかの 中に いた小さい時はみんな女の子でした。
途中から男の子に変わって行ったのです。

とりあえず、これだけ引用しましたが、まだ読んでない方はmumurブログさんでどうぞ。
 これって、今、問題になっている、ジェンダーフリー教育というのでしょうか。 なんかちょっと露骨すぎやしないだろうかと思うのですが。 
わたしは更にリンクを辿ってみました。 すると、性教協というサイトの中に、

高校 学習実践 性を楽しむために 低用量ピルをゲットしよう
小田 洋美泉 Oda Hiromi 高校教諭   ■避妊方法を選ぶ時代に
 
 一〇代のギャルママたちの多くは「できちゃった結婚」といい、妊娠したことで結婚するケースがあります。これは一〇代にかぎらず大人にも言えることですが、予定外の妊娠は自分のライフスタイルが大きく変更させられます。日本の予定外の妊娠は三人に二人で、妊娠をコントロールすることがむずかしかったことを示しています。しかし、低用量ピルの発売をはじめ、銅付加IUDや女性用コンドームの認可により、確実な避妊が可能になりました。
 いままでの日本の避妊法は、コンドームが八割を占めていましたが、このコンドームでは妊娠の可能性が一二%と高く、一〇〇組に一二組は妊娠するのです(資料2)。諸外国の年代別避妊の選択パターンを見てみると、中・高生のころは、二人の性のコミュニケーションがうまくはかれず、避妊について話せない。しかし性交の回数は多い。その場合は“ピル”。出産後性交の回数が減り、毎日飲むピルの手間を省きたい場合は“IUD”。もう妊娠は望まない場合は“不妊手術”----と、性行動に合わせて年代とともに避妊方法を選んでいると報告されています。


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

中・高生のころは、二人の性のコミュニケーションがうまくはかれず、避妊について話せない。しかし性交の回数は多い。
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

世の中のお父様、お母様方。上記は日本ではなく、諸外国の例とはいえ、お宅の息子さん、娘さんが、セックスによる予定外の妊娠により、人生を狂わされないために、低用量ピルをゲットしよう、、という教育をされたとしたら、どう思いますか?。(^-^;) 

まぁ、この年齢というのは性について興味が出る年齢ですが、だからといって、中高生のセックスを容認し、更に奨励するような教育、っていうのはどうなんでしょうね。  もし、自分が親の立場だったら、「セックスはお前たちにはまだ手に負えないからやめとけ。 大人としての自覚と社会的な責任を果たせるようになるまで、他にするべきことががあるから」みたいなことを言うと思いますが、皆さんはどうですか。

わたしの考えとしては、何も結婚まで童貞、処女でないといけない。 とは思いません。 男女が愛し合って、更に交わりたいと思うのは自然なことです。 自然なことですが、しかし、だからこそ、簡単に「じゃぁセックス」という感じにもっていってほしくないなぁと思います。 セックスというのは軽々しいものではないでしょ?。 性の交わりっていうのはもっと意味の深いものだと思いますので、それを本人たちが成熟して理解できるまでは、純潔というものは大切にしてほしいと思うのです。  今の子供たちって「純潔」って言葉知ってるんでしょうか。親がそういう生活をしておれば、子供も自然に親の価値観を受け継ぐはずですが。 

そして、更に読み進めるとこんなことも見つけました。


自分の手で自らの性器にふれさせてみる
射精の学習実践
坂元 康雄 Sakamoto Yasuo 養護学校教諭

◆○月○日 入浴時
A君 洗っていると気持ちよくなった。(最近包皮のむけたペニスをさわりながら)
職員 そうだよ、人間のからだは触ると気持ちよくなるんだよ。
A君 一番初めのときは、すごく感じた。
職員 慣れてくると、少しにぶくなるんだよ。気持ちいいか?
A君 ハイ。
職員 気持ちよくなるのはいいよな。     
A君 ハイ。
「でも出したいんだよなあ」と言うので、「きょうは一人だから風呂場でやってみるか?」
と聞くと、N君はやり始めた(職員は脱衣所にあがりその場から去った)。しばらくしてシャワーの音がするので出たのかと思いきや本人は、「出なかった。でも白いものが少し出た」と言う。射精していないかと思い、「射精したときは、瞬間に気持ちよくなってビューッと出るんだけど、そうだった?」と聞くと、そんな感じではなかったという。「いい気持ちというのではなくて、どっちかというと痛いんだよ、くすぐったいというか……」とも言う。
 射精したそのときの感覚をどう表現していいか、どう感じているかわからない様子。


んーーー、マスターベーションを積極的に教育に取り入れているのですね。 この教諭は養護学校の先生だそうですが、養護学校の生徒にはこういう教育が必要なんでしょうか。ちょっと不思議です。 わたしとしては、普段から人間関係を作っておいて、何か悩みがあれば、親身に聞いてやり、アドバイスをするくらいでちょうどいいと思うのですが、、。 授業の一環としての、「マスターベーションの実践」というのはどうなんでしょうか。

 


 さて、ここまで書いて、今度は逆の事例について触れたいと思います。 逆というと、禁欲ということです。 実はわたしは20歳ころからある宗教に関わってきまして、そこでの体験を書きたいと思います。 教会の名称は書きませんが、ここは世間でキリスト教の異端と言われているところです。 町で背広姿の若い白人男性2人組を見かけた方も多いのではないでしょうか。

そこではマスターベーションは禁止。 セックスは結婚するまで禁止というところで、もし、これらの戒めを破れば「罪人」 、下手をすれば破門という厳しいところです。 まさかと思うかもしれませんが、「マイケル・ギルモアの「心臓を貫かれて 下巻」から引用します。 彼とその家族はこの教会のメンバーでした。
e0051164_0182730.jpg

僕の通っている教会は結婚前や結婚外のセックスを、どのようなかたちにせよ禁止していた。セックスとは生殖のための崇高な贈り物であると僕らは聞かされた。その贈り物を正しからざる目的で使用することは、殺人に次ぐ大罪とされた。教会の正式なメンバーのための日曜学校では、カウンセラーたちはこのような誘惑に対する警告を必ずいつも口にしていた。男が妻との性交以外のかたちで自らの種を外にこぼすことを、神様は嫌悪なさるのだと彼らは言った。たとえ夫婦間にあっても、性は生殖を目的としたものに限られなくてはならない。オーラルセックスなどは話のほかだった。マスをかくのもだめ。でもそんなお説教を聞かされても、勃起をとめることはできなかった。そういうときに僕らが何を考えればいいのかを彼らは教えてくれたけれど、勃起を鎮めるお祈りが現実的に功を奏したことは一度もなかった
 だから大抵の十代の男がそうするように、そしてまた僕の知っているすべての若い○○○○教徒がそうしているように、僕はマスターベーションをした。ときには強い思いやイマジネーションに従って、ときには前述の本に従って、ときにはモンゴメリー.ワード.カタログの婦人下着のページに従って。 ほかの○○○○教徒の少年たちと同様、僕はそのことに罪悪感を覚えていた。そのたびにもう二度とこんなことはしませんと誓いを立てた。あるときなんか、その誓いを暫くのあいだ守っていたくらいである。二週間くらいだったと思うが。 、


 注意。「たとえ夫婦間にあっても、性は生殖を目的としたものに限られなくてはならない。」←この部分は、「避妊するしないは夫婦で話し合い、祈って決めること、、と最近では緩和されてきました。

さて、これはわたしの経験ですが、改宗したての若い頃、教会である男性指導者から呼び止められました。 二人で車に乗り込み、何の話かと思ったら、「小林兄弟(教会ではこう言います)はマスターベーションをしていませんか?、」と聞くわけです。 教会では正直ということについて教えられていましたから、わたしも凄く恥ずかしかったのですが、正直に話したわけです。 すると一緒にお祈りをして神様に許しを請おうということになり、お互いに声を出して祈りだしました。 、凄く嫌な思い、をしましたが、涙を出して心から反省するまでは開放してくれませんでしたので、この事は強く心に残っています。

わたしもやはりマイケル・ギルモアと同じように、、
マスターベーション → 罪悪感 → 反省、悔い改め → 時間がたつと → マスターベーション → 罪悪感 のサイクルから逃れられず、時には自分を責め、苦しんだものです。

この教会はさっき小林が書いたような、純潔を一見守っているように見えますが、はっきり言ってこれはやり過ぎでしょう。 しかも、これらを「罪悪」とみなして、人々に罪悪感を与えるやり方には小林は反対です。

お願い----申し訳ありませんが、この記事はトラックバック不可とさせていただきます。 コメントは可としますが、教会の名称やニックネームを書かれないようにお願いいたします。 もし書かれたら、削除、もしくは訂正させていただきますので、宜しくお願いいたします。

「極端な性教育は害悪だ」と思われた方は、クリックお願いします。
            ↓
      人気blogランキングへ
[PR]
by cube_text | 2005-09-24 00:17 | その他、ネタ

妖怪たんす担ぎ


 ある日曜日の午後、知人の家に子供用の整理棚をもらいに行くことになった。 車には乗らんなー、、、仕方ない、担ぐか、、、。 ということで、僕は歩いて家を出た。  自宅のアパートから延びた田んぼの中の細い一本道。 この道が知人の家への近道である。 まぁ、子供用の整理棚くらい、なんとか担げるやろ、、。 行きはよいよいであるが、たぶん、帰りもよいよい、、、、、のはずであった。

 こんにちはー。 小林です。 整理棚もらいにきましたー。  これっすか、、、?。 見ると、正面に扉がついている。 担いでみると、まぁ、担げない重さでもないが、思ったよりも大きかった、、。 こりゃ棚じゃなくてまるで「たんす」じゃん!。 一人突っ込みはちょっとだけ空しい。   しかし、「まぁ、小林さんのご主人って、たくましいわー、」の声に、いい気になりながら、外に出た。

 外に出たはいいが、どうも、この「たんす」がすごく担ぎにくい。 まず、表面がつるつる滑る。 滑るので、重心がとりにくく、中で外れた棚が転げまわる。 その度に扉がばった~ん!と開くのである。 そしてその衝撃で「たんす」の角が肩に食い込む。

 「小林さーん!、大丈夫ですかー!?」 振り向くと、あの奥さんがベランダから手を振っている。 「はーい、大丈夫でーす」。 まぁ、視界から消えるまでは頑張って担ぐか。

 がらがらっ、、、ばったぁあ~ん!。 がらがらっ、、、ばったぁあ~ん!。
凄い音だ。 扉を手で押さえつけておかないと、中の棚が飛び出しそうである。 途中、どうか知ってる人には会いませんように、、、。

 がらがらっ、、、ばったぁあ~ん!。 がらがらっ、、、ばったぁあ~ん!。
あー、手がすべるぅ、肩が痛くてたまらん。

 僕はとうとうたまらず、路地を曲がったところで、「たんす」を降ろしてしまった。 しかし、そこはスーパーの前。 夕方の買い物客でごった返している。 なにもこんなところで降ろさなくてもいいのに、と思うが仕方がない。 店の前の「たんす」とそれに寄り添う、男。 こんな時は「たんす」とは他人のふりをするのが一番である。 僕は「たんす」とは他人のふりをしながら、体力の回復を待った。

 買い物客は、いぶかしげに「たんす」を眺めながら家路を急ぐ。 なんでこんなところに「たんす」があるんだ、、。 まったく邪魔で、迷惑な話である。 このままいなくなろうか、、とも思ったが、さすがにそれはやめた。

 がらがらっ、、、ばったぁあ~ん!。 がらがらっ、、、ばったぁあ~ん!。   
夕方の住宅街に、また再び大音響が響きわたった。 ぜぇ、ぜぇ、ぜぇ、、、、。 息づかいも荒い。

 僕はなんで今、「たんす」なんか担いでいるんだろうか、、、。 いつもなら家で寝転んで、テレビを見ている時間である。  なんか急に虚しくなってきた。

 がらがらっ、、、ばったぁあ~ん!。 がらがらっ、、、ばったぁあ~ん!。
手がすべる。 重心が移動し、「たんす」を落としそうになる。 
もう少し、、もう少し、、。 あの電柱まではなんとか、、、。

 がらがらっ、、、ばったぁあ~ん!。 がらがらっ、、、ばったぁあ~ん!。
暫らく担いでは、降ろし。 また担いでは、降ろす。 肩が痛い。 汗だくになる。

 がらがらっ、、、ばったぁあ~ん!。 がらがらっ、、、ばったぁあ~ん!。
ぜぇ、ぜぇ、ぜぇ、ぜぇ、ぜぇ、ぜぇ、、、。 息遣いが荒い。

 がらがらっ、、、ばったぁあ~ん!。 がらがらっ、、、ばったぁあ~ん!。
 がらがらっ、、、ばったぁあ~ん!。 がらがらっ、、、ばったぁあ~ん!。


、、、、、、、、、、、、、、、、

 僕はとうとう、田んぼの一本道にたどり着いた。 夕闇が迫り、遠くに我が家の明かりが見えている。 あとは直線、100メートル!。 ぼくはいつの間にかオリンピックのアスリートになっていた。  この「たんす」を最後まで降ろさずに、担ぎとおしたら金メダルだと勝手に決めた。 何度も担いだり、降ろしたりはもう御免だ。 金メダル、金メダル。 体力の回復を待って、呼吸を整える。 これをやり遂げれば、冷たいビールという美酒が家で待っているのだ。

 レディ、、、。

 がらがらっ、、、ばったぁあ~ん!。 がらがらっ、、、ばったぁあ~ん!。
 がらがらっ、、、ばったぁあ~ん!。 がらがらっ、、、ばったぁあ~ん!。


今度は最初から早歩きである。 バランスが崩れる。 しかし、力で「たんす」をねじ伏せる。

 がらがらっ、、、ばったぁあ~ん!。 がらがらっ、、、ばったぁあ~ん!。
だんだん、スピードが上がる。 もう少し、、もう少し、、、苦しくなってきた!。
肩に「たんす」が食い込む!。 息が荒い!。 転びそうになる!。

 がらがらっ、、、ばったぁあ~ん!。 がらがらっ、、、ばったぁあ~ん!。
、、、、と、その時、、。   前方を歩くOLを発見。 
ぅうう、、やばい!。 だんだん距離がつまる!。  もう、ほとんど小走りである。

がらがらっ、、、ばったぁあ~ん!。 がらがらっ、、、ばったぁあ~ん!。
お願いだぁ、、ちょっと通してくれ、、。

がらがらっ、、、ばったぁあ~ん!。 がらがらっ、、、ばったぁあ~ん!。
そこのOL!、、、、ちょっと、通して、、。    お願い、、通して、、、!。 
、、、、、、、、、、、






は、、走るなっ!!。    走るなっ、OL!!

OLは後ろからの殺気を感じて、振り返りもせずに走り出してしまった。

 ぜぇ、ぜぇ、ぜぇ、ぜぇ、ぜぇ、ぜぇ、、、
 がらがらっ、、、ばったぁあ~ん!。 がらがらっ、、、ばったぁあ~ん!。

OLも必死だが、僕はもっと必死である。

 「たんす」が落ちる!、「たんす」が落ちる!。 金メダル、金メダルがっ!。
 がらがらっ、、、ばったぁあ~ん!。 がらがらっ、、、ばったぁあ~ん!。

 その時!、後ろをガバっと振り返り、電柱にしがみついたOLをチラッと見たような、、、  叫び声を聞いたような、、、、、、。

 でも、そんなことはどうでも良かった。 走った勢いで前のめりになり、体制が崩れ、「たんす」はスローモーションで僕から離れ、、、前方へ、、、飛んでいった、、、、、。

 これは砲丸投げじゃなく、「たんす」投げか、、と突っ込みを入れたが、笑う人は誰もいなかった。 
、、、、、、、、、、、、、、、、






 そんな、こんなで、数日たったある日、 子供が息せき切って帰ってきた。
「パパー、パパー!。 あのね、お友達がね、、この辺ね、妖怪が出るんだって!!」

「妖怪?」

「うん、あのね、妖怪たんす担ぎって言うの」。
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、




 もしかして、あの時のOL.。 

 あの時、彼女には悪いことをした。 そりゃぁ、暗がりの寂しい一本道を歩いてたら、突然、「たんす」担いだ男が、凄い形相で追っかけてくるんだから、誰だってびっくりするよな。


 それにしてもOLさん。 あの状況で、「妖怪たんす担ぎ」とは、、、、、、、、。 

ナイスなネーミングですね!。(^-^;)




小林の馬鹿さかげんには呆れた、、、という方は、クリックお願いします。(^-^;)  → 人気blogランキングへ
[PR]
by cube_text | 2005-09-21 23:25 | その他、ネタ

楽しい選挙

皆様こんばんわ。
すでに期日前投票を済ませている フィオリーナです。
投票会場はかつてないほど賑わっておりました。
賑わいすぎて、かつて投票日に投票しに行ったときよりも確実に人が多かったという、シュールな空間となっておりました。

当ブログで『TNCテレビ西日本 「CUBE」 終戦から60年、私達はあの戦争から何を学んだのでしょうか』を話題にしていることからお分かりの通り、
フィオリーナは福岡在住です。
フィオリーナの居住区では5名の方が立候補しておりますが、おそらくは変態さん2年前に帰化した元在日コリアンであることがどうしてプロフィールにのってないの? さんの戦いになると思われます。

   ・・・何だか スゴイ選択を迫られている気がしてまいりました(-_-;)

そこで、困ったときのマニュフェスト です。
今回の選挙では、自民党が圧勝した場合は『郵政民営化』決定でしょうから、コレについての見解は各人が持つ必要があると思われます。
その他、『年金』『医療』などの社会保障制度について、『拉致被害者』についての見解、『税金』つまり増税やむなしか増税反対か…などなど、多岐にわたり話題になってます。
ほんと、イイことだと思います。
しかし。
その影で、コンナこと言っちゃってる党もありますから、要注意です。
まったくもって、油断なりません。
皆様、各党のマニュフェストはご一読をオススメします。

また、今回の衆院選と同時に行われる「最高裁判所裁判官 国民審査」
ほとんど話題になってませんが、このようなGJな方が今回国民審査の対象になってますから、皆様どうぞ予習復習してから国民審査に臨みましょう。
あ。
いくらGJだからといって、その方に「○」とか「◎」とかつけた日には、無効票となりますので、くれぐれもお気をつけください。
「このヒト最高裁にいなくていい、つか、ヤメテ」という方の上に「×」をつけるだけです。
今回の国民審査対象となる方々のご紹介と、投票のしかたの予習復習をした上で、どうぞ皆様ご自身の意見を投じてくださいませ。

それはそうと。
前述の通り、すでに投票をすませている フィオリーナ。
投票に行った時のことです。

投票を済ませてルンルン♪と会場を後にしていたフィオリーナは
ある若いカップルとすれ違いました。
そのとき、女性の方が彼氏に

    「ミンシャ党ってさあー…」

・・・(-_-;)
1年後は分かりませんが、少なくとも現時点では比例区立候補党としては「民主党」「社民党」「自由民主党」「公明党」「共産党」しかありません(福岡の場合)。
「民主党」か「社民党」かのどちらかね・・・(-_-;)と思いながら、そば耳を立てておりましたところ、彼氏が

   「お前それさぁ・・・」

と、突っ込みかけました。
お♪ 彼氏がんばれ。せめて彼女が言う党の党首の名前だけでも聞き出すのよっ!と思っておりましたところ、彼女が畳み掛けました。

   「一番上のヒトって、だれだったっけ?」



・・・・・・アウトです(-_-;;)
しかもコレは、スリーアウトーチェンジー!に匹敵する 致命傷です。

彼女は可哀想なことに、比例区に関しては無効票を投じるために、わざわざ区役所までおいでなさったようです。

このようなコトがないためにも、皆様ぜひ予習復習を済ませてからの清き一票をどうぞお投じください。

先程の彼女に 「いつも怒ってるオトコと 変なしゃべり方するオバハンの、どっちの党よ?」襲いかかる 話しかける寸前だった フィオリーナからでした。

記事が気に入ったらクリックお願いします。
            ↓
      人気blogランキングへ
[PR]
by CUBE_text | 2005-09-09 21:30 | その他、ネタ

パリ.プレタポルテの韓服は日帝のせいでつか? あー、そうでつか、、。


パリ.プレタポルテの100回記念イベントで色鮮やかな韓服が披露されたそうでつね。ニュースソース朝鮮日報
e0051164_10164818.jpg

、、、で、「こんな韓服にしたのは日帝のせいニダ!」と怒っていらしゃるのが、毎度おなじみのネタご提供中央日報様でつ。

植民支配時代の、白衣民族抹殺政策示す1930年代の写真を発見
e0051164_10501116.jpg

色付きの服を着るよう強いて「白衣民族」の精気を抹殺しようとする政策が、写真を通じて確認されたのは初めて。写真研究家・鄭成吉(チョン・ソンギル、65)氏は、9日「釜山東莱(プサン・トンレ)地域で1932年ごろ行われた『白い服を脱いで、色付きの服を着よう』というスローガンのキャンペーンの写真を発見した」と伝えた。

写真は、日本人や親日派、動員された学生とみられる数十人が、「白衣退散」、「色服奨励」(白い服を脱ぎ、色付きの服を着るよう勧めよう、との意)とのスローガンが記されたものを掲げて、記念撮影したもの。また、後ろには「色服奨励」と記した旗が見える。

<引用終了>


まったくなんでもかんでも日帝のせいにしないと気がすまない人たちだな。 そんなに昔に戻りたければ勝手にどーぞ、、、、↓  という突っ込みも、ネットのあちこちで見られたわけでつ。
e0051164_1183970.jpg

、、で、最初のパリ.プレタポルテの写真でつが、こーゆーのを誇らしげに見せられると、やっぱり小林としても突っ込みたくなるわけでつね。  




、、で、こんな感じでせうか?。↓(^-^;)
e0051164_11132892.jpg

う~ん、思ったよりもなかなかいい感じ、、、。(^-^)  結構最先端でつね、、。 コラはコラだとわかる程度が丁度いいでつよ。>皆さん   、、と我ながら満足していたら、、、、、、、、


















「色の国」の妖精ニダ!!!!(^-^;)
e0051164_11225112.jpg

あぁああああ、、、、 とうとうここまで突き抜けてしまいまつたか~。(^-^;)  そのうちまた文句言われそう。 ハッキリ言って、このセンスの悪さは日帝のせいぢゃないでつからぁ~~~~!!。  残念!!  

毎度のネタご提供中央日報様

まったくお花畑とはつき合えないニダ!って思った人はクリックお願いします。
            ↓
      人気blogランキングへ
[PR]
by CUBE_text | 2005-09-09 11:34 | その他、ネタ

にこにこなおみちゃん(今でも思い出すと心が痛む話)


第一部 天使のなおみちゃん

15年くらい前の話になるのですが、当事家族ぐるみで親しくしていたYさん、、という家族がいました。 そこの長女で、なおみちゃんという、小学4年生くらいの可愛い女の子がいたのですが、この子は無口で、いつも静かに微笑んでいるような、、、なんか天使みたいな子なのです。 僕は、こんななおみちゃんが大好きです。  今日はこの、なおみちゃんのことを書きたいと思います。 

ある日の午後、電話が鳴ったので出てみると、Yさんの奥さんでした。 奥さんは苦しそうな声で、「身体の調子が悪いので、病院に連れて行ってほしい」と言うのです。 ご主人はというと、さっきから何回も電話してるけど、全然連絡がとれないとのこと。 僕は早速車でYさん宅へ行き、奥さんを乗せて病院へ行ったのです。 ところが、驚いたことに、かなり病状が悪いらしく、そのまま入院ということになってしまいました。 その時にまず思い浮かんだのが、今学校に行っているなおみちゃんのことです。 

なおみちゃんは学校から帰っても鍵を持たないので、家には入れません。 お母さんも緊急入院になってしまったし、どうしようかと思ったのですが、このまま学校になおみちゃんを迎えに行って早引きさせることにしました。 しかし、学校に近づくにつれて、ある不安が頭をよぎったのです。 と、いうのも、僕はこの時仕事が忙しく、2日連続徹夜で服は仕事着でペンキだらけ。 シンナーも使っていたので、かなり匂いも染み付いていたと思います。 さっき慌てて出てきたので髭も剃ってないし、髪はボウボウ。 「まいったなぁ、、」と独り言を言いながら、先生になんて言おう、、、と考えました。 

 「お母さんが倒れたので娘さんを迎えに来ました、、、、。」 

これって誘拐犯の台詞だよなー。(^-^;)



さて、そうこうしているうちに学校に着き、緊張した足取りで、いざ職員室へ、、。 

 「すみません。4年生の、Yなおみちゃんのお母さんが倒れて緊急入院したので、迎えに来ました、、。」

そこで一時、時間がストップ。 

 「はい??」

 「だから、あの、、緊急入院したんで、迎えに、、、、」 

「あの、、親戚の方ですか?。」 

「いや、違いますが、、、、、。」
(あ、変なこと言っちゃった)

、、また時間がストップ、、、。

 「あのー、、、、」

その時、僕の声を遮るように職員室がざわついて一気に緊張状態突入!!。  たちまち僕は、体格のいい体育会系の教師に囲まれ質問攻めに!!。

「あなたは誰?。」、「なぜ父親が迎えに来ない?。」、「どこの病院?」

質問攻めの僕。  、、、、その周りで、父兄の名簿から勤め先に電話する先生。 校長を呼びに行く先生。 校内放送で担任を呼ぶ先生で、その場がちょっとしたパニック状態に、、、。 

 
、、、、、いや、、もとい、、、パニックになったのは自分の頭の方でした。 大勢の中でたった一人、不審者扱いで、僕の味方は誰もいないのです!。泣  そんな中でも自分には一筋の望みがありました。 それは、なおみちゃんです。なおみちゃんが僕のことを「よく知っている人です」と証言してくれれば、この場は丸く収まるのです!。  なおみちゃん、早く来てくれ!。   その間も僕は相変わらず質問攻めに、、、。  

そうこうしているうちに、ランドセルを背負って、担任に付き添われたなおみちゃんの姿が!!。 廊下の角で担任が中腰になって、こちらを指差し、何やらなおみちゃんに言っています。 その口がこう動いたのを僕は見逃しませんでした。  

「ア ノ ヒ ト、シ ッ テ イ ル ヒ ト?」

 その場の先生たちもなおみちゃんに注目しています!。

「さぁ、なおみちゃん、僕のこと知ってると言ってくれ!」


「さぁ、お願いだー!、なおみちゃん!」


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、











、、、、、、、、、、あぁ、、、、、、、、、、なおみちゃん、、、。 



なおみちゃんはこの日も無口で、天使のような微笑を、優しく浮かべるのでした。(^-^;)

僕はなおみちゃんが大好きです。泣





第二部 女教師悶絶

僕は必死。 先生たちも必死。 その中でなおみちゃんだけが天使の微笑み。(^-^;)

「この人、本当に知っている人?」 

先生たちは何回も確認します。 担任の若い女性教師は特に真剣です。 

「本当?、、知ってる人なの?」 「どうなの?」 「ちゃんと言いなさい」

その時、なおみちゃんがやっと小さく頷いた、、、ような、、?。  

すると、一番年長者の先生の「大丈夫でしょう。」の一言で、その場の緊張がなんとか和らいだのでした。 しかし、担任の先生だけは納得しません。 ついには「わたしも病院までついて行く」と言い出し、結局、一緒に車に乗せていくことになりました。

まぁ、一緒に病院に行ってくれれば納得してもらえるだろうし、、。 僕は安堵の気持ちでなおみちゃんと担任の若い女性教師を車に乗せて走り出しました。 

 しかし、時間帯は夕方のラッシュが始まる頃。 車は渋滞で、なかなか前に進みません。 これはまずいと思い、近道をしようと、大通りを外れて小さな路地に入ったその時!、



女性教師の叫び声がっ!!!。 


「あわてて急ブレーキを踏み、何事かと振り向いた僕に、彼女はこう言ったのです。  


「病院への道が違います!!!」

、、、、え?(^-^;)


、、、、、彼女は引きつった顔で、しっかりなおみちゃんを抱きしめて身構えております。   





皆さん、、、、、





この人って、たぶん、、、、





誘拐犯人のアジトに連れていかれると思ってるみたいなのです。(^-^;) 

、、、しかし、なおみちゃんはというと、相変わらず天使の微笑み。(^-^;) 

 
僕はこのコントラストが可笑しくって、ちょっとしたイタズラ心になったのも事実です。 え~、事実なのです。


僕はわざと細い路地を遠回りして病院に行きました。 そして、病院から遠ざかる度に後ろから何回も恐怖に震える声が、、、、。

「びょっ!!、、病院の、、、、、」

「方向、、、、、、。」

「ちっ、違います!!。」 

「あぅ~。」




、、、、、、病院に着くと早速、なおみちゃんのお母さんの元へ。 なおみちゃんはお母さんが入院しても、いつも優しく微笑んでいます。 僕はこんな、なおみちゃんが大好きです。






先生は横で半泣き状態でした。 めでたし、めでたし。(^-^) 
先生にはちょっと悪いことをしたかな。 今でも思い出すと少し心が痛む話です。

追伸、、、先生。 勘違いとはいえ、自分の身をていして、わが教え子を守ろうとしたその態度は立派であります。


この話が気に入ったらクリックお願いします。人気blogランキングへ
[PR]
by CUBE_text | 2005-09-01 09:45 | その他、ネタ

小野田さんv


例によって例のごとく、ネットの波に乗っていましたところ。
このようなページを発見しました。


私が見た「従軍慰安婦」の正体


この「私」とは 小野田寛郎氏です。


この文章中の「正論一月号より」は 『正論』平成17年一月号 と思われます。
表紙に、同名タイトルが見受けられます。



私は『正論』平成17年1月号を持っておりませんので、このページが正しく転載されたものかは分かりません。

が。

たぶん。ほぼ。間違いなく。


   小野田寛郎氏は  です。


フィオリーナは、小野田寛郎さんに1票です。



8月30日 追記

コメント欄に ママンさま から以下のコメントをいただきました。

『一月号持っているので読み比べました。
>性さがが存在するからだ。
→性(さが)が存在するからだ。
くらいで間違いはありません。』

ママンさま ご検証、本当にありがとうございます。

というわけで皆様♪
小野田氏の記事を どうぞご堪能くださいませ。



記事が気に入ったらクリックお願いします。
            ↓
      人気blogランキングへ
[PR]
by CUBE_text | 2005-08-30 02:00 | その他、ネタ

決意表明(というほどではありませんが)


もうすぐ始まる『TVタックル』

いろんな意味でネタになりそーなら

 テキスト起こし やります。

三宅氏とハマコー氏の発言を聞き取れるのか、自信ありませんが(-_-;)。

ちなみに、本日のウラ番組『広島』
 
・・・番組宣伝みただけでムネヤケ起こしてるフィオリーナは、観る資格ありません。

という訳で♪

ご覧になった方、いかがでしたか?
[PR]
by CUBE_text | 2005-08-29 20:49 | その他、ネタ

法律じゃ負けるし、それじゃ気がすまんニダ。

毎度のネタご提供 中央日報さま。
>道義的責任はあるが、法的責任はないというやり方の詭弁では問題は解けない。 日本が被害者である隣国の要求に快く応じる姿をたった1度だけでも見てみたい。
e0051164_10523124.gif

[PR]
by CUBE_text | 2005-08-29 16:29 | その他、ネタ