<< え!?、ディアゴスティーニ、買... 宴(うたげ)はまだ 続いております >>

「浪淘沙」のサイトを見てみよう (2)


はじめての方へ。まずは初めに「台湾の親日ドラマ「浪淘沙(ロウトウシャ)」を見てみたい」「浪淘沙」のサイトを見てみよう (1)」をご覧ください。

--------------------------------------------------------
「浪淘沙」のサイトはこちら。

今回は写真のページを見てみましょう。  「下載篇」というタブをクリックしたら以下のページが開きます。
e0051164_1817015.jpg

「浪淘沙」のシーンが並んでいます。 しかし、残念なことに写真をクリックしても、会員登録をしないと大きく表示できません。 右上に赤文字で「加入会員」という項目がありますので、そこから登録できますが、 小林としては、まさか言葉もわからないのにできるわけないだろう、、と半分冗談のつもりで登録してみたら、なんとできてしまいました。(笑)  文字は当然中国語ですが、よく見ると、何を書かないといけないのか何となくわかりますので、興味があったらお試しください。  小林はそれでも意味がわからない項目があったので、結局そこは無記入にしました。 それでもOKだったみたいです。(^-^;)

さて、せっかくですから、全部は無理ですが、何枚かピックアップして皆さんに見ていただきたいと思います。 中には日の丸の町並みも出てきて、日本の統治下のドラマだということがわかります。(写真をクリックしたら大きい画面でご覧になれます)
e0051164_18334878.jpg

e0051164_1834893.jpg

e0051164_18343187.jpg

e0051164_1938529.jpg


ところで、会員登録をしたら、他に何ができるのかなといろいろ探っていたら、民視テレビの「浪淘沙」掲示板で、意見交換もできることがわかりました。 「討論?」というタブをクリックすれば掲示板に行けます。 また読むだけなら会員登録は必要ありません。 

さて、小林としては言葉もわからないのに、無謀、にも、この掲示板にメッセージを書くことにしました。 わたしが立てた新規スレッドはこちらです。

はっきり言って何と書けばよいかわからなかったので、とりあえず、

加油浪淘沙 日台友好
http://cubetext.exblog.jp/i12
http://cubetext.exblog.jp/m2005-08-01/#620070


と書きました。 「加油」とは中国語で「頑張れ」という意味です。(これだけは知ってました。(^-^;)) それからこのブログのわたしが紹介した「浪淘沙」のページのURLを書き添えておきました。

すると暫くしてMayさんという方から日本語でレスポンスがありました。 この方は以前、両親の仕事の都合で暫く日本に住んでおられたそうです。

こんにちは小林さん!
私は日本が好きです、両国の友好も望んでます。
http://cubetext.exblog.jp/i12 
ページを拝見したときはとっても興奮な状態で、うれしいです!
http://cubetext.exblog.jp/m2005-08-01/#620070 
ページを見てたとたんに心は益々重くなっています。
生徒1「戦争時代の日本には何の感情もありません。
過去は忘れて仲良くすべきです」の言葉に納得できません、それは台湾の人々の声じゃない。
歴史は忘れじゃいけない、それをごまかすのもいけない、 死んだ人々に不敬だと思います。
私の友達は南京大屠殺について「應該要好好記住 不要再犯」と思い、 それは”あのとき犯した罪を忘れなく、前向きにもう二度と同じ過ちを犯さないように”てことです。 争いを起こそうつもりはありません、ただその報道の正しさについて発言したかったんです。


わたしはMayさんの言葉を読んで考え込んでしまいました。 まずわたしは南京大虐殺の「大虐殺」(要するにホロコースト)を信じていません。 証拠とされる写真も捏造だと既に証明されてますし、日本人の感覚として、集団虐殺や集団レイプという感覚にはたぶんなり得ないと考えています。 ただ、何らかの事件、、間違って非戦闘民を処刑してしまったなどの事件はあったと思ってます。  しかし、わたしとしては、Mayさんとこのことで議論するつもりはありませんでした。 また一部の馬鹿な日本の政治家のように、とりあえず謝っておけ、、という気にも当然なりません。 まぁ、なんでも謝罪しておけば、楽は楽なのですが、、、。

Mayさんにわたしが伝えたいのは日本と台湾の友好であり、議論ではありません。 だから、Mayさんと分かち合える共通の認識を大事にしながら、どう云えば自分の気持ちが伝わるのか、考えに考えて、気がついてみれば、返事を書くのになんと5時間もかかってしまっていました。(^-^;)  最後にはぷうさんにもチェックをお願いして、以下の返事を書き込みました。 念のために、日本語を中国語に機械翻訳したものも書き添えました。 

Mayさん。お返事ありがとうございます。小林です。  まさか、こちらの掲示板で日本語で会話ができるとは夢にも思ってなかったので、とても嬉しいです。 わたしは台湾の言葉は話せませんが、なんとか、この思いを台湾の方たちに届けたいと思い、書き込みをさせていただきました。   この思いというのは、台湾に対する畏敬の思いであり、感謝の思いであり、友好の思いであります。  確かにあの戦争は悲惨で、多くの方の尊い命が失われました。  わたしは日本が過去行ってきた世間で言うところの、良いこと、また悪いこと、全てを包み隠さすに知りたいと思っています。 しかし、日本を悪者に仕立てるという目的のために、事実を捏造したり、歪曲したりすることには反対です。 これは教育ではありません。 これは政治的なプロパガンダであり、お互いの国の将来の友好には何の役にもたたないものです。

Mayさん。 わたしを含めて、今まで日本人の多くは自分たちの祖父の世代が、残虐非道の人間であり、アジアの国々に多大な迷惑をかけてきた。 広島や長崎に原爆を落とされたのも、その天罰であると教えられて育ちました。 そういう自虚的な教育のせいで、日本の子供が戦争に行った自分のお祖父さんを嫌いになってしまったという、残念かつ、異常な話も聞いたことがあります。 果たして、わたしたちの祖父の世代は本当にそんなに残虐非道な人間ばかりだったのか、、。

今回、Mayさんにみてもらったhttp://cubetext.exblog.jp/m2005-08-01/#620070はわたしの地元のTNCテレビ西日本という地方の放送局が放送した番組の一部です。 その中で日本の統治時代を知る台湾のお年寄りや現在の若者が、日本のことをどう思っているのか、少しだけ垣間見ることができました。 その中で林さんは「朝鮮人も台湾人もない、皆日本人だった。聞かれることもおかしい。」「愛国心があったから軍隊に志願した。もちろん日本への愛国心です。」と言ってくださっていますし、荘さんはニューギニアで悲惨な戦闘を体験し、2年以上まともな食事が無かったが、戦局だから日本人も台湾人も区別なんて全然なかった、と言ってくださっています。 わたしは彼らの証言のおかげで、わたしたち日本人の祖父の世代も同じ血の通った人間であり、共に戦い、苦しい時には共に支えあい、戦友が亡くなった時には共に涙した、ごくごく普通の人の痛みがわかる人間であったと理解できたのです。 また、台湾のお年寄りが日本の統治時代を懐かしんで、今でも多くの方が日本を訪問してくださること。 また台湾の若者たちも日本に親近感をもって接してくださることを知りました。

Mayさん。 だからと言って、わたしは日本が戦争によって引き起こした悲劇を全部無かったことにして、どうか忘れてください、、と言うつもりは全くありません。 ただ、さっきも書いたように、「日本は残虐非道の行いをしてきた悪者だ」という日本国内での極端な世論を、お互いの国の友好と未来のために、少しだけ正常な方向へ戻す必要があると思っています。 その点、番組の中で紹介された台北県立 鷺江國民中学校 社会科教諭 頼 怡静先生はとても立派な授業をされていると思います。 (南京大虐殺の真実はともかく)教育は子供たちにある偏った価値観を植えつけるために捏造や歪曲をしてはいけない。 事実を教え、子供たち自らが調べ、考え、結論を出すこと。 そしてそれを両国の友好という未来志向に繋げることが大切です。 Mayさんは生徒1の「戦争時代の日本には何の感情もありません。 過去は忘れて仲良くすべきです」の言葉に納得できないと書かれましたが、わたしには「お互いに戦争という悲劇を乗り越えて、友好につなげよう」という未来志向の意見に聞こえます。 もっとも、本当に過去を忘れてしまっては、また同じ過ちを繰り返しますから、過去に学ぶことは大切ですね。

さて、長々と書いてしまいました。 最後にわたしの「浪淘沙」に対する思いを話させてください。 わたしが台湾ドラマ「浪淘沙」を知ったのはつい最近のことです。 さっき話したTNCテレビ西日本の番組の中で紹介されました。 その主人公の女性は台湾初の女性医師で、当時の大変な時代に日本で医学を学び、自分の夢を追い求めた波乱の人生を描いているとのこと。 そして「浪淘沙」には、その日本の統治時代の台湾人と日本人の友情や心の交流がちりばめられているとか、、。  ぜひ、このドラマを自分でも見てみたいし、周りの日本人にも見てもらいたいのです。 そしてそれは、日本が植民地支配によって、その地の人々に残虐非道な行いを尽くしたという偏向的な教育を受け、その結果、日本人であることに誇りを持てない、一般の日本人の心を必すや癒してくれるとわたしは期待しているからです。 この点、台湾の方々にはこうしてお願いすることしかできませんが、ぜひ、「浪淘沙」が日本の地上波で放送されるように力になっていただきたいと思っています。 そしてそれがなお一層、台湾と日本の友好へと繋がりますよう願ってやみません。 

長文、読んでくださり感謝いたします。 



でも、彼女の返事を読むかぎりでは、わたしの真意がきちんと伝わったかはわかりません。 また、そんなわたしに日本のことで批難してくる方も現れました。 と共に逆に擁護してくれる方も現れて、あの掲示板はちょっとしたパラレルワールドになっています。 もし興味があればご覧ください。 

追伸、、、皆さんだったらMayさんに何と返事書きますか?。 コメント欄にご意見、ご感想をお寄せいただけると嬉しいです。
               ↑
浪淘沙の掲示板に、「小林の変わりにMayさんに返事を書いてくれ」という意味ではありませんので、誤解なきようお願いします。(^-^;)

更新追加、、

「むじな@台湾よろず批評ブログ」さまで「浪淘沙」の最終回の様子が紹介されています!。残念ながらコメントはできないよう設定されていたので、TBだけ貼らせていただきました。>「むじな@台湾よろず批評ブログ」さま


記事が気に入ったらクリックお願いします。
            ↓
      人気blogランキングへ
[PR]
by CUBE_text | 2005-09-16 19:36 | 「浪淘沙」関連
<< え!?、ディアゴスティーニ、買... 宴(うたげ)はまだ 続いております >>