<< パリ.プレタポルテの韓服は日帝... natsuka.net 祝4周年 >>

「浪淘沙」のサイトを見てみよう (1)


皆さん、台湾の親日ドラマ、「浪淘沙」のサイトを見てみましたか?。 音楽もデザインも素晴らしいですよね。 今回はちょっとだけ「あらすじ」の一部分を見てみたいと思います。  

「浪淘沙」のサイトのしおりの部分、「故事大網」→「總綱」で以下のページが開きます。
e0051164_16443475.jpg
このページのさわりの部分だけですが、翻訳してみました。

なお、翻訳の方法としては、まず「、「機械翻訳」→意味がよくわからない部分を「小林の知ったかぶり&妄想翻訳」を採用しております。 言うまでもなく、翻訳に関する、責任は一切持ちませんので宜しくお願いいたします。(^-^;)  なお、原文をブルー、翻訳文をグリーンとしました。


台灣第一部大河連續劇
民視《浪淘沙》
國寶級作家東方白
150萬字的大河小說
首度以大河連續劇搬上螢光幕
民視用心考究,走三萬里路
在台灣、中國、日本、加拿大等
超過四千年的古蹟場景實地拍攝
重現台灣第一個女醫生—丘雅信
精彩不平凡的一生」


台湾第一部、大河連続ドラマ
民視テレビ《浪淘沙》。
国宝級の作家、東方白、
150万字の大河小説、
初の大河連続ドラマをスクリーンに運ぶ。
民視テレビは「走三萬里路」の思いで注意深く考究
を重ね、台湾、中国、日本、カナダなどで、
4千年の古跡のシーンを上回わるような撮影を実施。
台湾の初の女性医師、「丘雅信」の精彩不平凡的一生
を描く。


《浪淘沙》是作家東方白耗時十年的嘔心之作,一時推出海內外佳評如潮,共150萬字,三大家族歷經三代,縱貫百年,橫跨台灣、大陸、日本、美國、加拿大等地,為-現代台灣文學的最重要的長篇力作,被譽為能與扥爾斯泰的「戰爭與和平」及美國的「飄(亂世佳人)」媲美。


《浪淘沙》は作家、東方白の苦節10年の作品。 国内外で潮のように評論・評定して、共に150万字。三つの家族の3世代、台湾、大陸、日本、米国、カナダなどに広範囲にまたがった、百年にわたる波乱万丈の物語である。近代台湾文学の最も重要な長編力作のため、「戦争と平和」及び米国の「飄(亂世佳人)」に匹敵する。


鍾肇政評《浪淘沙》是台灣文學輝煌的一座金字塔,葉石濤認為《浪淘沙》寫進台灣整個天空,是現代台灣命運的史詩,大河小說的代表。


鍾肇政の評によれば、《浪淘沙》が台湾の文学の光り輝く1基のピラミッドであることを評論・評定し、葉石涛は《浪淘沙》が台湾の空全体を描くような、近代的な台湾の運命の史詩で、大河小説の代表であると認めた。


這部評價極高的《浪淘沙》其中最重要的家族,為台灣第一位女醫生丘雅信。她的成長背景為台灣最激動、最受多種文化衝擊的年代,她的故事勾勒當年台灣女性追求知識的勇氣,與環境對抗的理想主義情操…她的青春夢、自由夢、戀愛夢,從一百年前的台灣說起…


このきわめて高い評価は《浪淘沙》の中の最も重要な人物である、台湾初の女性医師、「丘雅信」によるものである。 多種文化という衝撃的な時代の背景の中の彼女の成長を切り取った。当時の台湾女性の環境に流されず、絶えず知識と勇気、理想を求める姿、、、彼女の青いはかない夢、自由な夢、恋愛する夢、百年前の台湾の彼女からの感動のメッセージ…


以上です。 もし中国語に詳しい方が読んでおられたら、翻訳の間違い等、教えていただけると嬉しいです。なお、「浪淘沙」(ロウトウシャ)とは「波が砂を洗う」という意味だそうです。 寄せてはかえす波のように主人公も時代の波に翻弄される様子を指すのでしょうか、、。

記事が気に入ったらクリックお願いします。人気blogランキングへ
[PR]
by CUBE_text | 2005-09-08 21:10 | 「浪淘沙」関連
<< パリ.プレタポルテの韓服は日帝... natsuka.net 祝4周年 >>