<< 一粒で2度おいしい北京マラソン... 朝鮮総連強制捜査(NHKの報道) >>

北京マラソンと、おとぼけ人民の皆様


ども、、。 おとぼけ人民、小林です。

 小林はマラソンとか、駅伝が好きなので、今日は北京オリンピックでのコースとなる、北京マラソンを見ながら仕事をしておったのです。   すると、いきなり、「あ、、危ない!」という実況の音声が飛び込んでまいりました。

なんだ、、なんだ!?、、と、あわてて録画ボタンを押したのが、以下の画像の数々であります。

↓トップランナーのチェロノ(ケニア)選手を自転車で追っかけてくる、中国人民の皆様。(-_-;)
e0051164_1845788.jpg

↓もはや、団子状態。 (注、決して大会関係者ではございません)
e0051164_1854146.jpg

↓三輪バイクでも追っかけてくる、、、(-_-;) (再び書きますが、大会関係者ではございません)
e0051164_1855828.jpg

↓メールチェックしながら追っかけてくる。 (しつこいですが、大会関係者ではございません)
e0051164_1862434.jpg

↓給水所にて。 あげくのはてには走路にはみ出して追っかけてくる人民の皆様。
e0051164_1863224.jpg


これは、これは、、北京オリンピックを前に、思いっきり、民度の低さを見せてくれて、大笑い オリンピックの開催を危ぶむ小林でありましたが、この後、更にびっくりな人民クオリティーを見せつけられてしまったのです。  それは、42キロも走ってきた、トップのチェロノ選手に起こった笑えない出来事だったのです!。

↓まずは以下のゴール前のコース地図をご覧ください。
e0051164_1873699.jpg

↓A地点の角を曲がったところ。 どうも、チェロノ選手の様子がおかしい、、。コースがよくわからないらしく、少しづつコースを外れだすも、この後、あわてて正規のコースに戻る。
e0051164_1875136.jpg

↓B地点。 本当はこの先、C地点まで直進して折り返さないといけないのだが、コースがわからず、左折。 結局、ショートカットしてしまう。  本人はコースがわからないと両手を広げてアピールするも、誰も止めない。 テレビ中継がいきなりここで切れる。
e0051164_188756.jpg

↓結局、そのままゴール。
e0051164_1810563.jpg

↓大会関係者も気づかず、そのまま表彰式。!(^^)!   画面の最終結果は日本側の放送局の手によるものなので、正しい着順である。 結局のところチェロノ選手は失格ということになるが、人民たちはこの先、どうするのだろうか、、。 要注目である。(^_^;)
e0051164_1882236.jpg



ロケットあげても民度はあがらん、、、と思った人はクリックお願いします。→人気blogランキングへ



追記、、主催者はチェロノが2位を5分近く引き離す独走状態だったことから、レース中の平均スピードを基に2時間9分15秒を「参考成績」として割り出し、優勝を認めた。 、、との情報が入ってまいりました。

追記、、、続編をアップしました!。 「一粒で2度おいしい北京マラソン!、はいワロスワロス」をご覧ください。
[PR]
by cube_text | 2005-10-16 18:00
<< 一粒で2度おいしい北京マラソン... 朝鮮総連強制捜査(NHKの報道) >>