<< 太蔵語録&BMWの真相(笑) ソナタ、日本デビュー >>

自爆の序章が始まったようです

皆様こんばんわ。フィオリーナです。
…本日は、コレです(-_-;)。
人道支援の打ち切り、北朝鮮が国連に求める
『【ジュネーブ=長谷川由紀】国連人道問題調整事務所(OCHA)のヤン・エグランド所長は28日、記者会見し、北朝鮮が、国連に対し、同国で行っている人道支援を今年いっぱいで打ち切るよう求めてきたことを明らかにした。
 所長は「即時打ち切りは、子どもを中心に大規模な被害をもたらす」と懸念を表明。影響を最小限に食い止めるため、人道支援を段階的に削減する方向で、北朝鮮側と合意を目指す方針を示した。
 北朝鮮は「人道支援よりも開発援助の充実が必要」として、今年3月、OCHAの平壌事務所撤収を求めていたが、所長によると、2005年末までに国連のすべての人道支援を打ち切り、関係する民間活動団体(NGO)を国外に退去させる方針を国連に伝えた。
 エグランド所長は23日、ニューヨークで北朝鮮の崔守憲(チェ・スホン)外務次官と会談し、人道支援を一度に打ち切れば、飢餓など悲惨な事態を招くと警告、再考を求めたという。
(読売新聞) - 9月29日1時16分更新』


   バッカじゃなかろか!!>北朝鮮

…すいません。つい興奮しました(-_-;)。
しかし、自分の国の子供たちのことを
『所長は「即時打ち切りは、子どもを中心に大規模な被害をもたらす」』
と、外国人の方が適切に配慮しています。
フツーに、おかしいでしょ。

しかも、
北朝鮮、党創立記念日にあわせ食糧供給を増量へでは、
『「これまでは一日300グラムだった穀物供給量を今年始めから250グラムに減らしたが、10月10日を境に500~700グラムを支給する」ということを、北朝鮮を訪ねた韓国要人が聞いた』
ということですが、
そのお米は一体どこから?という素朴な疑問を禁じえません。

もし、ほんとに自給自足でき始めたことによる穀物供給量アップであり、
それに伴う国連人道支援打ち切り要請なら、分からんでもありません。
しかし。
そんなハズはないとしか思えません。
そこでフィオリーナは考えました。


   北のホントの目的って、何よ?

すると、このようなニュースを発見しました。
食糧支援の国際機関を追い出す北朝鮮の事情
『一粒の穀物もおろそかに出来ない北朝鮮が、国際社会の支援を拒否したのは、国際機関の配給監督(モニターリング)が日増しに厳しくなる反面、支援の規模は減っていることによるものと思われる。
 その反面、韓国政府による北朝鮮への食物支援は、昨年の40万トンから今年50万トンに増えただけでなく、配給への監督も形式的なものに留まっており、北朝鮮にしてみれば、国際社会よりは韓国に頼る方が、体制への負担が少なくて済むという判断がはたらいたことは想像に難くない。』
『北朝鮮に支給された食料の25~30%が一般市民に届かず、幹部層に流されているという分析もなされている』
『食料を送りながらも、それが誰の手に入っているのか確認さえしていない韓国式支援のために、劣悪な環境の中でも監視システムをきちんと稼動させている国際機関が北朝鮮を追われることは、見過ごすべき問題ではない。』
『人道的観点の北朝鮮への食糧支援が、北朝鮮住民のために使われているかどうかを徹底して確認することは、支援する側の倫理的責務である。』(朝鮮日報 (2005年9月10日)より一部抜粋)



    うが――――――――っ!!!


そういうことですかっ!!
いかん、それは国連を撤退させちゃ、いかん。
あの北に対して国際ルールを以って対応している機関を、撤退させちゃいかんです。
しかも、国連は
国連、拉致問題で北朝鮮に安否回答勧告(読売新聞)
『 【ニューヨーク=大塚隆一】国連は27日、北朝鮮の人権状況に関する報告書を発表した。
 この中で拉致問題を取り上げ、被害者の安否について日本に迅速に答えるよう求めるなど、北朝鮮に五つの勧告を行った。
 報告書は10月3日から始まる国連総会第3委員会(人権)で審議されるが、北朝鮮の反発は必至とみられる。
 報告書は国連人権委員会のビチット・マンターポーン特別報告者(タイ)がまとめた。拉致問題は今年2~3月に訪日して調査。
 横田めぐみさんの「遺骨」として提供された骨がDNA鑑定で別人のものと判明した経緯などに触れたうえで「拉致問題への懸念を表明するとともに、五つのメッセージを送りたい」として勧告を行った。
 その内容は〈1〉生存しているはずの拉致被害者を早期に帰国させるべきだとする日本の要求にすみやかに回答する〈2〉死亡したとする拉致被害者について信頼できる客観的な証拠を示す〈3〉拉致被害者の家族の再会を尊重、保証する〈4〉安否不明者に関する矛盾点を明確に説明する〈5〉問題解決のため日本との対話を再開し、行動を続ける――というもの。
(読売新聞) - 9月28日15時0分更新』


という、日本政府がすべきこともしてくれてます。

まったく何考えてるんでしょうか北も韓国も。
しかし、何はともあれ 要するに。


  どうやら、北は自国民よりも一部政府要人のプライドを選んだようです。
  そして
  韓国政府も、そのような北の姿勢をなぜか支持している模様です。



とりあえず、北も韓国も一回体制崩壊してみましょうか(-_-;)
と、本気で思う フィオリーナでした。 



「このような自国民放置プレイは、もはや国家ではありません」と思われた方は、クリックお願いします。
            ↓
      人気blogランキングへ
[PR]
by CUBE_text | 2005-09-30 01:19 | ニュース関連
<< 太蔵語録&BMWの真相(笑) ソナタ、日本デビュー >>